読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デミオで走る~再びDriverになる!

運転の楽しさに惚れてDJ型デミオにのることになりました。デミオに乗ったりイジったりしたことをボチボチと書いていきます。

スタッドレスタイヤを注文

タイヤ・ホイール

 デミオの納車に合わせ、スタッドレスタイヤも購入しました。

 自分の住んでいる関東中南部地方では、積雪するのは年に数日程度なのですが、ちょっと遠くに出かけると雪が積もっていた、なんてこともあるかもしれません。
それに、燃費が良くて運転が楽しいのだからスキーに行くのにもうってつけ。

 タイヤサイズが15インチと比較的小さいのも費用的にはメリットとなります。
 (17インチとかになってくるとかなり金額がハネ上がってしまいます。)


 という訳で、冬も半ばに差し掛かりましたが、思い切ってスタッドレスタイヤを購入しました。


 今回はホイールとセットで購入しますので、ネットでの購入としました。やはりネットの方が概ね安いようです。

 購入先は「フジ・コーポレーション」。

 
フジ・コーポレーション通販サイト タイヤ&ホイール、カー用品の専門店

 



 選んだタイヤはヨコハマタイヤアイスガードIG30。

 性能を優先させるのなら、同じヨコハマでもIG50が優れているはずだし、ブリヂストンの上級モデル「ブリザックVRX」を選びたいところ。しかしVRXともなるとかなり高い。
 積雪地帯に住んでいるのならともかく雪上の使用頻度は少ないはず。

 ということで値段と性能のバランスを考えての選択でした。

 しかし、スタッドレスタイヤ選びは難しいです。主要なタイヤの評判を調べてみましたか、VRXが一番!という意見があれば、グリップしないという意見もあるし。調べるほど賛否両論の意見が出てきます。

 多分、クルマの種類(重量やタイヤサイズ、駆動方式)や、走る場所、地域などにより評価が分かれるのではないかと思います。

 いろんな評価をみた結果、ブリザックのVRXやアイスガードのIG50が一番良さそうで、その次にブリザックREVO GZ、IG30。ダンロップのウィンターマックスもなかなか良いみたい。これらを選んでおけば間違いなさそう、といった印象を受けました。


 さて、フジコーポレーションのサイトでの注文の手順は、
①車種(型式)を選択
②ホイールサイズを選択
③タイヤを選択
という手順となります。

 ホイールは数十種類の中から選択できます。値段もピンからキリまで。

 今回は「 BRANDLE/562」という10本のスポークタイプのものにしました。価格優先で選びましたが、デザインもまずまず良さそうです。

 因みに、注文サイトでは、選んだホイールをクルマに装着したCGを見ることができます。(“ホイールフィッティングルーム”というサービスです)結構参考になりますし、面白いです。

 ホイールのインセット値はクルマに適合するものをお任せで選んでくれるそうですが、選択を指定することもできます。ただ、どのような選択パターンがあるのかは電話で確認しないとならないようですが。

 実際に電話してみたところ、電話に出てくれた人は凄く詳しい人で、問い合わせにテキパキと答えてくれました。

 今回選んだホイールはインセットが+38mmと+45mmの2種類があるとのこと。デミオのノーマルホイールは+40mmなので、+38mmを選ぶことにしました。
※インセットを指定する場合は、注文の最終画面の備考欄に記入すれば良いそうです。