読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デミオで走る~再びDriverになる!

運転の楽しさに惚れてDJ型デミオにのることになりました。デミオに乗ったりイジったりしたことをボチボチと書いていきます。

2017年 東京オートサロンのマツダ

その他

 1月13日~15日まで幕張メッセで開催されていた「東京オートサロン」に行ってきました。

 サロンの詳細については雑誌やネットで沢山紹介されると思うので、マツダ関係の部分を中心に。

 前回はサロンの終了時間を間違えてしまい終了間際にマツダのブースに辿り着くという失敗をしたので、真っ先にマツダのブースに向かいました。

 丁度、ステージでは新型CX-5ロードスターRFの開発関係者のトークセッションが行われていました。

f:id:sword749:20170117215500j:plain

 技術者といえこの位の役職の方々ともなると喋りも上手。開発のコンセプトや工夫した事とか。またCX-5に限らずデミオとか他車種にも話は及んだりす
るのでそういう話をきくと自分のクルマ(デミオ)への愛着もまた増してきます。

 

 デミオは内装が特別仕様のものが展示されていました。シートとかにバックスキン調の素材が使われ運転席に座ってみると確かにゴージャス感が有ります。でも、元々デミオはノーマルのグレードでも内装はチーフな感じでは無いんだな、という事も再認識。
 (ステージでのトークでもデミオから内装の質感を上げたと言っていました)

f:id:sword749:20170117215635j:plain

 

 このデミオ、ホイールはノーマルだけど、何となく迫力を感じます。説明員に訊いて見たら、15mmのスペーサーをかませてホイールを外側に押し出し、フロントを3cm、リアを2cm車高ダウンしているそうです。なかなか良い感じで参考になりました。

f:id:sword749:20170117215808j:plain


 常に人だかりが出来ていたのが新型CX-5ロードスターのRF。

 運転席に座ってルーフの開閉が出来るとのことで大人気でした。ルーフの開け閉めを見ているのも面白かったけど、ルーフを閉めた状態での印象がWEBの写真でみるより大分格好良く感じました。

f:id:sword749:20170117220121j:plain

f:id:sword749:20170115193605j:plain

f:id:sword749:20170117220027j:plain

 ロングノーズが強調されて昔の240Zのような感じで凄くかっこよい。ノーマルのロードスターとは別車種のように感じるほど印象は違いました。

f:id:sword749:20170117220457j:plain

 


 他に期間限定で復刻された「クラシック・レッド」のロードスターも展示されていました。きれいな色です。個人的にはメタリック調の赤よりこっちの赤が好みです。

f:id:sword749:20170117220626j:plain

 

 

 今回もワンメイクレースのカップカーが展示されていました。運転席には座れないようだったけど、子供は特別に座らせてくれたようです。

f:id:sword749:20170117220718j:plain

f:id:sword749:20170117220815j:plain

f:id:sword749:20170117220948j:plain

 

 他のカスタムカーショップでもいくつかマツダ車のカスタムカーが展示されていました。どれも品よくまとめられていたと思います。

f:id:sword749:20170117221120j:plain

f:id:sword749:20170117221351j:plain

f:id:sword749:20170117221444j:plain

 

 これはロードスターの兄弟車のアバルト124。昔のランチアのラリーカーみたいな派手なカラーリングがカッコ良い。

f:id:sword749:20170117222437j:plain

 

 今回のオートサロンもなかなか楽しめました。