Be a MAZDA driver ~ デミオからCX-3へ

運転の楽しさに惚れてDJ型デミオにのることになりました。デミオに乗ったりイジったりしたことをボチボチと書いていきます。

スタッドレスタイヤ/ホイールをなるべく安く揃える ~ タイヤ選び

 クルマを変えたのでスタッドレスタイヤを準備しました。(当然ながらデミオCX-3にタイヤ/ホイールの互換性はありません)

 わざわざAWDマシンに買い換えたのは雪道を走るためなので、スタッドレスタイヤは必須、必要経費です。とはいえ、極力費用は抑えたい。タイヤ/ホイールサイズも今までより大きくなり値段も上がるので。

 前回のデミオ用は「フジコーポレーション」でタイヤ/ホイールセットを購入しましたが、今回はタイヤとホイールは別々に用意して費用を抑えるよう工夫しました。

 まずはスタッドレス・タイヤ選びから。

 

スタッドレス・タイヤ選び】

 ブリヂストンのブリザックVRXは雪道以外での走行では磨耗が早いらしいのと、最も価格が上なのでパス。前回使ったヨコハマのアイスガード(IG30)が好印象だったので、今回もアイスガードが第一候補でしたが、最新モデルのIG60もほぼブリザックと同じような値段。一つ前のモデルのIG50もあまり値段が落ちていない。

 他は?と見ていくとダンロップの先代モデルのWINTER MAXX 01が飛びぬけて安い。(17インチタイヤの最安値で1万4~5千円/本くらい)

 性能の方はどうだろう?ネットで検索してみると、ダンロップスタッドレスはダメだ、的な意見が多かったです。(大手メディアの記事は除く)”ダンロップは先に逝く” などの書き込みも。

 

 DUNLOP WINTER MAXX 01

https://tyre.dunlop.co.jp/tyre/lineup/studless/wintermaxx01/

 


 でも、いろいろ掘り下げていくと、どうも以前のモデルがあまり良くなかったようで、WINTER MAXXシリーズになってからは “なかなか良い” との評価も目に付きました。札幌在住の友人に訊いてみても、普通に使えるよ!とのこと。

 また、耐摩耗性は優れているようで、乾燥路の走行が大半な自分の用途には向いていそう。

 という事で、WINTER MAXX 01を使ってみることにしました。

 (因みに福山雅治が「モチロンギュッ」とCMしているのは最新モデルのWINTER MAXX 02の方です。)

 

 スタッドレスタイヤ選びは迷います。ブリザックでも“良くない”という評価があったりするし。多分、装着するクルマ(車重)とタイヤサイズにより印象は随分と変わるのかもしれません。

 

 次はホイールについて書きます。