Be a MAZDA driver ~ デミオからCX-3へ

運転の楽しさに惚れてDJ型デミオにのることになりました。デミオに乗ったりイジったりしたことをボチボチと書いていきます。

サイド・ガーニッシュを取り付け

 サイドシェルの樹脂カバーにサイド・ガーニッシュを付けました。

 

f:id:sword749:20190110224741j:plain

 

 これはPROACTIVE Sパッケージ以上のグレードに付いているもの。(自分のCX-3のグレードはPROACTIVEなものでこれはついていません。)

 最初はこんなの要らないと思っていたけど、あれはエクステリアの良いアクセントだな、と思うようになって来ました。

 で、こういうパーツはしっかりアフターパーツとして売られています。丁度アウトレット商品で少し安く売っているものがあったのでそれを購入しました。

 

 因みにこのサイドガーニッシュ、メーカー純正品は2018年の商品改良以前とそれ以降でデザインが少し変わっております。

 2018年以前のものはサイドシェルカバーの角部分にかぶせる形状。

 

 2018年の商品改良では角部分の少し下に貼り付けるものに変わっています。(それとフロントバンパーにもリップ・ガーニッシュが追加されました)

 

 

 購入したのは2018年の商品改良のデザインの方。自分としてはこちらの方が好みなので。(フロントバンパーのリップ・ガーニッシュは含まれていません。)

  

 素材は金属製で手にとってみると意外と重い。仕上げも良し。でも何故か電子機器の基板が焼けたような嫌な臭いがあり閉口しました。

f:id:sword749:20190110223628j:plain

 

 取り付けは両面テープで貼り付けるだけなので簡単。

 うん、良い感じ。サイドシェル部分が強調されて見た目の安定感、ボリューム感が出たように思います。

f:id:sword749:20190110223733j:plain