Be a MAZDA driver ~ デミオからCX-3へ

運転の楽しさに惚れてDJ型デミオにのることになりました。デミオに乗ったりイジったりしたことをボチボチと書いていきます。

CX-3ヘスキー板を積んでみる

 CX-3にスキーや荷物を積んでみました。

 スキー板は、デミオでもやっていたようにこのようにリアシートに積んでみました。これだとラゲッジが有効に使えるので。

f:id:sword749:20190113120856j:plain

 

 奥の板が162cmで手前が166cm。助手席の前後位置は中間くらいの位置。デミオでも無理なく積むことができたけど、CX-3は後部座席上部の空間が広いのでもう少し余裕があります。

 170cmの板なら余裕、助手席をもっと前に出せばもう少し長い板でも積めそうな気がします。

 

f:id:sword749:20190113121040j:plain

 

 

 ラゲッジはどうか。床板は上段にセットの状態。

 下のスペースにはゴム長靴、スタック時の脱出用スノーヘルパー、組み立て式のスコップを入れていますが、まだかなりの余裕があります。

 上側のラゲッジのほうはちょっと狭いです。高さ方向の余裕が少ない上、横幅はデミオ同様に狭すぎる。ストックを横置きすることができません。ストックの長さは115cm~120cmくらいなのですけどね。

 このため伸縮式のストックを仕方なく?購入しました。(ストックを好みの長さに調整できるのはスキーを滑る上でメリットなので、これはこれで買って良かったのですけどね)

 実際に荷物を置いてみると、ケースに納めたブーツ、ウェアやヘルメットを入れたバッグ等でこんな感じ。これで一人分の荷物なので、二人分となるとちょつとキツイ。

f:id:sword749:20190113121251j:plain

 

 でも、トノカバーを外してバッグを積み重ねるとか、ブーツはバッグから出して下のスペースに寝かせて並べて収納するとかちょつと工夫すれば何とかなるでしょう。

 ラゲッジの狭さは承知の事ですが、それでもこうして荷物を積むたびにもう少し何とかならなかったのかなあと思ってしまいます。車幅に対して狭すぎ。内張りの中はかなり無駄な空間があると思うのですが。横方向にはあと10cmくらいは十分に広げられると思うし、それだけで結構違うのだけど。