Be a MAZDA driver ~ デミオからCX-3へ

運転の楽しさに惚れてDJ型デミオにのることになりました。デミオに乗ったりイジったりしたことをボチボチと書いていきます。

ダンロップ WINTERMAXX 01での雪道走行

 この前の週末、CX-3でスキーに行って来ました。

f:id:sword749:20181218215348j:plain

 

 行き先は今現在オープンしている数少ないスキー場のーつの川場スキー場(群馬県利根郡川場村)。*1

 丁度週末は降雪の予報。CX-3スタッドレス・タイヤの雪道性能を試す絶好の機会です。

f:id:sword749:20181218215057j:plain

 


 関越道を降りてからしばらくは乾燥した路面でしたが、山麓から徐々に雪が増え始め路面はシャーベット状の雪に。そして登るに従い圧雪路へと変わっていきました。

 スキー場に続くこの道、カーブが連続している上に勾配がきついので、結構な難所だと思います。

 デミオで来ていたときは、いつも路面は乾燥していたので困ることは無かったですが、今回の路面コンディションでFF(2駆)ではどうだったか。もし凍結区間があったら、古目の(劣化した)スタッドレス・タイヤだと厳しかったかもしれません。

 今回はAWD車に新品のスタッドレス・タイヤなので、何の問題も無く登ることができました。普通に走り切れてしまったので、CX-3AWD性能を実感する場面は無くてちょっともの足りなさも。

f:id:sword749:20181218215139j:plain

 

 では、ダンロップWINTER MAXX 01の印象を。

 クルマに装着してしばらくは乾燥した舗装路の走行では、タイヤのブロックが柔らかくて少し “よれる” 感じがあって、やはりスタッドレスだなぁと感じたけど、しばらく(数十キロ)走ると何故かしっかりした感じになってきたと思います。(感覚が慣れただけかも)

 ブロックのパターンのせいか、走行中のタイヤの転がりの滑らかさは少し欠けるように感じます(ゴツゴツ感がある)。走行中のタイヤのノイズもCX-3ノーマルタイヤに比べると大き目です。

 乾燥した舗装路を普通に走る限り、コーナリングやブレーキの感覚はノーマルタイヤに近い感じ。高速道路では、さすがにノーマルタイヤよりはタイヤの剛性感の低さが感じられるけど、比べなければ気にならないレベルで不安なく走られます。

 肝心の雪道走行の印象は...

 路面の雪がシャーベット状のカーブでは案外滑るなあと言う印象。簡単にズルズルと外側に滑ってしまったのでちょっとびっくり。でも真っ直ぐ走る分には問題なし。

 圧雪路は直進、カーブ、ブレーキどれも問題なし。安定して走られます。下りの道でも不安に感じる事は無かったです。

 アイスバーンの箇所は今回無かった(と思う)ので無評価です。

 全体的に周囲のクルマと同じようなペースで走る分には十分満足できると思う。ただもしかすると横方向のグリップが少し弱いのかも。とはいえ、全体的には十分な性能のタイヤのように思います。

 

 WINTERMAXX 01についてはもう少し走ってみてまた感想を書こうと思います。

 

*1:それでも一部のコースが滑走可能なだけ。今年はスキー場は非常に雪不足なのです。